人生の軸を支える書

posted in: 書について | 0

「その人の中にある何かを書という形にする」

 

大切にしている言葉や、言葉にならないけどずっと持ち続けている想い。そういうものを書という形にしてずっと手元に置いておいてもらえたら、ちょっとくじけそうになった時やしんどいなと思うとき、自分がやりたいと思っていたことを再確認するためのツールになる。

そういう思いで、お客様自身のお話を聞かせていただいて書を書くということを始めました。

 

 

そんな中、先日、NPO法人 日本レイキ協会の理事長であり、起業家でもある辻耀子さんにヒアリングをさせていただく機会がありました。

 

【辻耀子(つじようこ)さんのプロフィール】

1968年生まれ。大阪出身、大阪在住。大阪芸術大学卒。

投資家 企業経営者
2011年、医師免許取得

社団法人 国境なきいのちを慈しむ基金 代表理事
NPO法人日本レイキ協会・理事長
(他、医療健康系のビジネスを展開。)

 

 

どのようにビジネスを興して、どんなふうに物事をとらえてきたのか、どんなことを大切にしてきたのか、これから何をしていこうと思っているのか、をざっくばらんにお伺いしました。

 

 

耀子さんからのお話で一番興味をひかれたのが「自分のビジネスはすべて、どこをどう切っても人助け」ということ。便利に、楽しく、健康に、これらすべてお客様をハッピーにしてお金をいただき、またその商品を作っている人や提供している人もハッピーにしている。

そして、自分自身がお金を稼ぐことは気が済んだので、もっとみんなを喜ばせるものを提供していきたいという(かなり!)壮大なお話をお伺いすることもできました。

 

どうして、そんなに「周囲の人を喜ばせたい」という気持ちになるのか、質問したところ、自分の育った環境が壮絶だったけれど、その時に親じゃない人たちがあり得ないくらい助けてくれた、そして自分の分は気が済んだから次の人にバトンリレーの時が来た、という内容のお話があり、その時に「還元」という言葉が降りてきました。

 

耀子さんのお話を聞きながらずっと、耀子さんの根底にくるくるまわる何かが見えていて、それが「還元」という言葉となって浮かび上がり、元に戻すというよりも、どんどんとくるくる回って次につながっていく様が見えたことから、「還」という字をご提案させていただきました。

 

 

これを、壁に釘を打たない形で飾れるように、とアクリルフレームに印刷をかけて作品として仕上げました。

 

 

 

耀子さんからは、

 

「還」という字が出てきたとき、自分がすでに自覚はしているけれどもイメージしていなかったもので、「言われてみれば!」という新鮮な感じがした。自分の深いところ、例えば海底に落ちている貝殻をピュッと取り出してもらって、「こんな貝殻が自分の中にあったんかー!」という喜びがあった。

また、セッション自体も、自分を語ることで自分のことやこれからやりたいことの確認にもなったし、自分が落ちた時やこれでいいのかと自信がなくなった時に見返すことでブレを戻せるのでいい機会だった。

 

 

とご感想をいただいています。耀子さん、ありがとうございます♪

 

耀子さんにご体験いただいたセッションの内容は以下です。

 

 

【個人事業主、起業家の方々、そしてこれから人生をもっとよくしていきたい方に】

 

あなたの夢や今まで大切にしてきたこと、どのように物事に向きあってきたのかなど、ヒアリングするセッションを行います。

そのお話の中から、あなたの軸となる言葉を拾い出します。

そして、それをあなたがずっと意識をしていけるよう、あなたにあった表現を使った書を作ります。

 

 

セッションで得られること

  • 自分のことを語ることで、棚卸と客観的な自分の掘り起こしができる
  • やりたいことの確認ができる
  • 自分が知らなかった自分を知ることができる
  • セッション録画自体も落ち込んだ時や自信がなくなった時に見返せる

 

書を飾ることで得られること

  • 自分が大切にしていることが形になる
  • 見るたびに思い出して気持ちが整う
  • ぶれている時でも自分が本当にやろうとしていたことにマインドセットできる

 

セッションの流れ

  • Zoomでのヒアリング(90~120分)録画付き*

平野と、個人事業主向けにヒアリングセッションを行っている富田がふたりで行います。

ヒアリングの最後に拾い出した「言葉やワンセンテンス」をお伝えします。

*録画した動画は編集並びに等ご自由にお使いいただけます。

 

  • 拾い出した言葉にご納得いただいた場合、書の出来上がり形態について決定します。

 

約2週間後

  • 出来上がった書をデータでご確認いただきます。(1度まで修正可)

 

約2週間後

  • ③にご納得いただいたら②で決定した形態に仕上げます。

 

 

セッション代金

  • ヒアリングセッション: 

120分録画付き 通常価格 ¥50,000のところスタートキャンペーン価格¥30,000円(税込み)

ヒアリングのみでもOK

 

□色紙¥55,000

□書道用紙 半紙 ¥88,000

      半紙以上半切まで¥165,000

      それ以上の大きさについてはお見積もりいたします

(仕上り形態:額装、掛け軸など 額装代は別途)

 

額装例 (額装代 11000円 フレームの種類や大きさによります)

 

軸装例  (軸装代22000円 掛け軸の布の種類や大きさによります)

 

 

 

データによる制作物

□データのみ ¥55,000

□アクリルフレーム、アクリルキューブ ¥88,000

□ポストカード加工 10枚 ¥55,000

 

表示された代金はすべて税込みです。

 

セッション可能日時は平日日中(9:00~14:00)並びに土曜日となっております。

 

お申し込み、お問い合わせはこちらまで♪

yoka@toshoka.com